六輝とは... | グランクレールスタッフブログ

六輝とは...

 IUaJs0vs0E8aKh1qtraoevExzpKk9Tm7.jpg

 

皆様こんにちは!
いつもザ グランクレールのスタッフブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

 


結婚式の日程を決めるにあたって気になるのがお日柄・・・

最近は特に気にされない方が増えてきておりますが、

ご両親やご年配のゲストの方で気にされる方も多いようです。

 



本日は暦に記載されている六輝についてお話しさせていただきます☆★


六輝とはカレンダーに記載されている

「大安」「友引」「先勝」「赤口」「先負」「仏滅」の6種のことを言います。

六輝は足利時代に中国から伝わってきた占いがもとになっていて

当時は現在の曜日のようなものだったとか。

 


それが、江戸時代終わり頃から今の吉凶を表すものになり、

結婚式に大安吉日が喜ばれるようになったんです♪

 



【大安】
「大いに安し」の意味。
六曜の中で最も吉の日とされています。
終日万事が吉なので、結婚式や結納は大安の日に行われることが多い。

 


【友引】
昼は凶とされていますが、午前、夕方、夜は吉。
大安の次に結婚式に適しています。

 


【先勝】
「先んずれば即ち勝つ」の意味。
万事に急ぐことが良いとされる。
午前が吉で午後が凶。
午前中から式を始めれば午後になってもOK


 

【赤口】
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、
それ以外は凶とされている。

 


【先負】
「先んずれば即ち負ける」の意味。
万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。
午前は凶だが、午後は吉。

 


【仏滅】
「仏も滅するような大凶日」の意味。
もしくは、「物滅」として「ものを失う」の意で凶。
六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼などの祝儀を忌む習慣がある。
ただし、終日凶とする説と午後は縁起がよいとする説に分かれる。

 



「仏滅」でなければいい!とお日柄にこだわらず、お選びいただく方が増えておりますが

気にされている方がお近くにいらっしゃるようであれば

こちらのブログを参考にしていただき、ご両家で検討していただけたら幸いです。



 

ザ グランクレールブライダルフェアはこちら
2018 年人気の3月・4月・5月挙式・披露宴がお得!最大80万円オフ