白無垢 | グランクレールスタッフブログ

白無垢


みなさん。こんにちは。

突然ですが、神前式を挙げる際

なぜ白無垢を着るのを知っていますか?

 

白は「太陽の光の色」とされ、神聖な色と考えられてきました。

白は純潔な色ですので、どの家風にも染まるという意味が込められています。

 

平安時代に結婚式の時に着用した白打掛が起源となっていますが、

結婚式の衣装やルールが決められたのは室町時代で、

それが今日まで長い間に渡って受け継がれてきたと言われています。

 

白は生まれた時に着る服と、死者に着せる服にも使われます。


生まれ変わりの意味を表し、

生家の娘として、一度死に、

嫁家の嫁として新た誕生するということです。


「死ぬ覚悟で嫁ぐ」という重い意味が、

白無垢には込められています。

 

今回は結婚式のマメ知識を紹介しました


 

ザ グランクレールブライダルフェアはこちら
2018 年人気の9月挙式・披露宴がお得!最大80万円オフ