食事のマナー | グランクレールスタッフブログ
みさなん。こんにちは。

いつも、ザ グランクレールのスタッフブログを

ご覧いただき誠にありがとうございます

 

突然ですが、ナイフ・フォークで食事をする際に

左側から切手いると思いますが理由をお話します。

 

左側から切ったほうが

「食べやすい」から自然と左側から切っていますが

 

もうひとつ理由がございます

 

一言で言えば

「味を保ちやすくするため」です

 

右側から切る状況を想像してみましょう

 

右側の肉をフォークで刺して、ナイフで切ります

切った後、もう一度、切った肉をフォークで刺して

口へ運ぶことになります

 

肉を刺す回数が多くなり、

おいしい肉汁がこぼれ落ちやすく、肉の味を損ねてしまいます。

 

では、左側から切る場合はどうでしょう。

左手に持っているフォークで肉を刺し、ナイフで切った後、

そのまま口へ運ぶことができます

そのため、指す回数が1回で済みます

 

肉汁がこぼれにくい食べ方であり、しかも必要とされる動作が小さくてすみますね

 

左側から切るのは、そうした大切な理由があるのです


ゼブラ×ジョージ×モデル.jpg


ザ グランクレールブライダルフェアはこちら
2018 年人気の12月挙式・披露宴がお得!最大80万円オフ